洗顔を改善すれば敏感肌も治せる|頼れるコスメの利用法

負担を掛けずに使用する

洗顔

メイクの濃さで選ぶ

メイクを落とす際に必ず必要になるアイテムがクレンジングですが、種類も様々あり本当に自分に合う物を選ぶ為にもメイクの濃さを知っておくことが大切です。ベースメイクからコンシーラーやファンデーションまで濃く塗るメイクを行っている場合と日焼け止めとフェイスパウダーだけのナチュラル派ではクレンジングの度合いが変わってきます。クレンジングには洗浄力の強い順にオイル、リキッド、ジェル、クリーム等になり、洗浄力が強いということは肌への負担も大きいのです。値段やメーカーに拘りを持つのも良いですが、自分のその日のメイクの濃さによりクレンジングを使い分けると肌への負担を減りますし、乾燥肌だと自覚しているのであれば肌に優しいクリームタイプ等の方がオススメです。

マッサージなどには不向き

クレンジングオイルなどを使用して顔のマッサージを行う方もいますが、余分な力を入れて肌を擦ると肌への負担が大きくなります。本来クレンジングとはメイクを落とすものであり、アイメイクなどの部分を優しく撫でると落とせるから使用しやすいアイテムなのです。また、普段メイクをしていないのに顔の汚れを取ろうと洗顔料としてクレンジングを使用してしまうと、肌にある潤い成分がなくなって乾燥し肌トラブルを引き起こしてしまいますので、必ずメイクをしていない時にクレンジングをするのは避けましょう。人の肌は年齢や体質の変化によって変わってきますので、今まで使用していたクレンジングが合わなくなる場合もあります。万が一合わないと感じたら他のクレンジングにも目を向けてみましょう。